素材の味を引き出す事

いつもありがとうございます。
出張シェフ料理人の田口です。

今年もあと残りわずかになってきて最近も
すっかり寒くなってきた今日この頃。

秋真っ只中な時に寒い日が続きますが
そんな時でも旬の食材もたくさんでてきていま
す。

秋から冬にかけての食材や年中出回るもの
年中あっても今が旬だったりするもの
色々あります。

今の季節はレストランなどでは一年で一番
忙しい繁忙期を迎える頃です。

そんな時にも旬の食材を取り入れたメニューは
たくさん出てきます。

その中でも旬の食材の味を引き出すように
素材と素材を掛け合わせたりその食材の
もつ味を発揮できるような発見を日々して
行きます。

秋といえばキノコや秋刀魚など思い浮かべる人
も多いと思います。

シンプルにそのまま焼いただけに塩胡椒のみ
だけでも美味しいです。
中には高価なものでそのまま食したりするもの
もありますが

豪華に旬のものをふんだんに使いパーティなど
で振る舞えばそれはそれで喜ばれるかもしれま
せん。ですがせっかく取り入れるのなら
是非加工して最大限生かして行きたいところ
です。

例えばキノコでしたら軸を除いてハムや
エシャロットなど刻んだものを詰めてファルス
してソテーしたりします。

秋刀魚なら三枚におろし
自家製オイルサーディンを作るなどして工夫
したいものです。

勿論塩焼きにするだけでも美味しいと思います。
そこからの一手間が引き出すという事にも
重要になってくると思います。

素材の味を無駄にしないようクオリティも
下げない生かし方も必要になってきます。

素材を上手く引き出せるには
出張料理でお客様に技術をお見せしながらが
一番引き出しやすいとも感じます。

などなど旬の食材を生かして喜んで頂くと
言うことは料理人にとり大切なことだと
思います。

出張料理では事前に打ち合わせが必須ですが
基本的にはなんでもお受けさせて頂きたいと
考えています。

お客様のご期待に添えられ満足度の高い
サービスをこれからも心がけて行きたいと
思っております。





PAGE TOP