既存の物と手作りの物

いつもありがとうございます。
出張シェフ料理人の田口です。

既存で作られている調味料や食材を
いかに組み合わせたりメニューに組み込んだり
出来るかはその人の考えややり方次第です。

もちろんですが一から作ったものは薄めに
味をつけていけばいくらでも修正は可能です。

しかし既に出来ているものを組み合わせたり
していくとどうしても複雑な味になります。

ただ味を変えていく事は可能です。

食材同士を掛け合わせる事で一つの料理が
生まれるという事を踏まえ
様々なメニューが生まれるという事を
考えて行く事が出来れば面白いものです。

良く飲食店でメニューを考える際に
その作業の中でしか考える事が出来ないと
いう事がありがちだと思います。

ですが色々な要素も取り入れていかなければ
考案も出来ないのだです。

ですので色々な要素を取り入れる為に
限定された中だけではアイデアが出て来ません
から世の中のあらゆる情報を
駆使していく必要があります。

最近でも既に出来上がっている商品同士を
組み合わせて提供させて頂いたりもしましたが
出来ている物を使うという事に奥深さも
感じとる事も出来ます。

まずは発想するという考えを持つことです。

様々なところから吸収する事でヒントを得る事
ができます。

あらゆる情報が拡散している現代ですし
そこから自分の考えとその情報をマッチさせて
一つのメニューを作り上げていくのです。

そして自分の行動力とスピード感で成果も出す
ことが出来るのです。

既存の商品は元々の味がしっかりしていて
且つ保存も効くように添加物なども使用されて
います。

本来なら添加されているものは使用を
避けたいところですがまずはその食材で考え
そこから類似の物を使用したり代替の物を
使ったりして試行錯誤を繰り返します。

添加物が入っていると何かと健康面なども
心配があるかと思います。

ですから考えをまとめてから
試作をする段階まではそれらを使用して実際に
商品化する際に代替のものなどで作り上げるの
です。

もちろん添加されていないものもありますから
そうした物を使い商品開発していきたいもの
です。

ますます考える事が楽しくなってきますよね。
料理教室や出張料理では色々なお客様からの
ご依頼がありますから柔軟な思考で
あり続けたいです。

特殊なメニューがあるわけではなく
そうしたメニューが通常なのでお客様の好みや
アレルギー対応にも勿論特化もしていきたい
です。

どんな形でも対応出来る出張料理人で
活躍し続けていきたいと考えております。

PAGE TOP