料理とワイン

こんにちは
出張シェフ料理人の田口です。

もうすぐボジョレー・ヌーヴォーが解禁に
なります。

毎年どんな味なのか気になりますが
さほど毎回盛り上がりに欠けていますよね。

それはフランスと日本では文化が異なるから
だと思います。

日本で楽しみたいのであればより良いサービス
と料理を求めた方が良いのかもしれないです。

私は昔からワインにも興味がありそれにあう
料理を研究し続けております。

白でしたらお魚赤にはやはりお肉ですね。
先日も書きましたが低温調理したお肉は
赤ワインが良く合います。

しかし過去の経験からあまりどの職場からも
ボジョレーは良い評判を聞いた事がないです。

ボジョレーはその名の通りフランス・
ボジョレー地区で生産されるワインです。

ただあまりの人気に品質の悪いものも流通して
しまうくらいですから

ボジョレーに限らずきちんと完成されていて
人気のあるものやそれぞれ人の好みにあった
物を選びたいものです。

ワインも歴史は古く特にフランスやイタリア
など西洋や南米でも作られています。

ぶどうの品種から土壌・気候・天候によっても
ワインの質が変わってきますから調べれば
調べるほど奥が深いものです。

生産者にも感謝しながらワインにあう料理や
サービスを心がけたいです。

通常レストランでは安価のものから高価なもの
まで揃えています。

酸化させない為に保存もしっかりしている
ところもありますが半端に売れ残ってしまった
ものなどは料理用に厨房の仕込み用に回される
ことになります。

料理用になっても美味しくはなりますが
なるべく高価な良いものは良いサービスで
売り切りたいと思うわけです。

料理と合わせたワインの原価も安く抑え
美味しいものをお出しできれば付加価値を
与える事が出来お客様に喜んで頂けます。

高価なワインなら食材も原価を抑えたいですし
逆にワインの原価を抑えて食材の原価を
高くすればまたメニューも変わってきます。

どちらにもあわせられるメニュー構成は大事に
なってきます。

出張サービスでは記念日に使っていただく事が
多くなってきますから一番最初にお出しする

前菜からメイン・デザートまでワクワクして
いただく構成と料理をお出しする間は大事に
したい物です。

最高な瞬間を一生の思い出にして頂く為に
ワイン選び・食材の仕込み・調達から厳選し

お客様に最高の状態で提供して行きたいと
思っております。

PAGE TOP