ハンバーグステーキ

こんにちは。
いつもありがとうございます。
出張シェフ料理人の田口です。

ハンバーグステーキ
どんな方でも召し上がった事がある方は
多いのではないでしょうか?

自分が料理を始めようとしたきっかけとなった
料理ですのですごく思い入れのある料理です。

ファミレスに入れば安価でも気軽に
召しあがれますしちょっとしたお祝いの時や

今はコンビニやスーパーにも温めるだけの物
まで売っていますし食べ合い時に
すぐ召しあがれる。

ご家庭でも食材を買ってきて作ったりも
できますね。

ハンバーグの価値

どんな料理でも作るのに時間はかかりますが
ハンバーグを作るのにはまず牛挽肉は
良く冷やす事や自分の手で挽肉を温めて
しまわない様にする

これは肉汁を逃さない為にはとても大切な事
です。
詳しくレシピは載せれませんがタマネギも
細かく刻み甘くなるまで炒めて使用します。

また入れる材料などもきちんと計量する。

タマネギも炒める際に焦がしてしまうと
量が変わってきてしまったり使えなくなるので

大量に仕込む時などは失敗してしまうと
仕込むのが大変になるので一つの材料を
何かしらミスしない様にしないといけません。

スープやソースの様に何日もかかるわけでは
ありませんが私が街場のレストランで
働いている時なんかは営業中の合間に
仕込んでいました。

その仕込み担当がいたくらいです。

材料を混ぜ合わせる際
まずは挽肉はパラパラにほぐして
よく粘り気が出るまでこねる様に混ぜないと
いけない。

この時によく冷やしておかないと粘り気も出ません。
脂がだれてしまったりして温まったりしてしまうと
整形する時や焼く時にすぐわかります。

多少手が悴む事になりますが手を火を冷やすのも
我慢しないといけない。
食材に対して一つでも気を使うことは
大事になってきます。

温まってしまった肉は混ぜた時に
すぐにわかる。

粘り気が出ればきちんと肉同士が繋がり
ジューシーに仕上がる。

そうならない様気をつけながら混ぜてから
成形する。

成形する時も空気を手で叩きながら
形を整える。
しっかり繋がっていれば割れ目ができる事も
少ない。

割れていると焼いてる時にそこから
肉汁が逃げてしまい
スカスカなものになってしまい提供
できなくないます。

成形する時に手で叩く際には油を少し手に取り
なるべく早く叩く様にすると手につかず
うまく叩けます。

さてうまく成形できたら焼きます。
表面を色がつくまで焼き固めます。

PAGE TOP