情熱を伝えていく事

いつもありがとうございます。
出張シェフ料理人の田口です。

料理人にとって賄いを
作らせて頂くということは
信頼を得られ努力を認められるということです。

一つ任せて頂けた事を
チャンスと思いいかにものにして行けるかだと
思います。

信頼を得る事で
お客様に料理を提供する事にも繋がってきます。

その為の努力をする過程でインプットし

出来るだけレシピややろうとしている考えを
溜め込む事です。

何よりも謙虚に取り組む事は大事になります。

勿論積極的に前に進む事も大切ですが
任される事への感謝の気持ちを持つ事は
大事だと思うのです。

そこからアウトプットしていく事が
出来るよう
いつでも準備しておく事が大事になります。

私自身も過去に
幾度となくピンチやチャンスも
経験してきました。

何が一番優先するべきなのかを
考え行動出来る事が出来ています。

誰でも完璧な人は居ません。
失敗を繰り返して成果が出るように
考えて行動に起こしていくものです。

そして賄いという一つの仕事を通して
新たにメニューが生まれるかもしれない事も
想定して考える事が出きますから
前向きに取り組むこともできます。

レストランでは食材の余った物で
作る事が多いのでいかに素材へ感謝する事や
無駄ない調理の仕方が身につくので
絶好のチャンスになる訳です。

店のメニューから
使わない部位の物も出てきますし

新たなレシピ開発にもなりますから
そのチャンスを掴むまで考えながら
仕事をして行くのも楽しかったりします。

その料理を従業員に食べてもらう事で
対お客様としての仮定でもありますから
経験値も得られる訳です。

そこからコミュニケーションを
通して得られた情報を元に
レシピの研究もして行くことで
新たな発見もする事が出来ます。

食材を無駄なく無駄のない効率が良く
クオリティも高い料理にすることが出来れば
やりがいも感じられます。

そして何よりも自分の宝にもする事が出来ます。

そこから得た自信と勇気で
今後にも繋げることができますから
どう活かしていこうかなど
考えも持つことが出来ます。

そういった経験も活かして
お客様に満足して頂ける
サービスを提供し続けられる料理人で
ありたいと考えております。





PAGE TOP