出張料理人にもパートナーの必要性

いつもありがとうございます。

一般社団法人全日本出張シェフサービス協会

認定シェフ、出張料理人の田口です。

パートナーの存在

独立する人にとってパートナーは必要だと思います。

一般的にレストランですと、チームプレーは
当たり前な事ですのでコミュニケーションは
大事になります。

私が思うのにも、
出張料理人にとりパートナーは必要だと思う
わけです。

というのも先日
アシスタントを経験させて頂いた際の事で
必要性を感じ取ることができました。

そう言った経験からもパートナーがいる事に
より自分1人でやるより力を借りる事も
出来ると思います。

大切な人の支え

出張料理では基本、
1人でこなさなければなりませんが
メニューの構成次第では
クオリティにも差が出てくると感じています。

パートナーが居る事で自分の手助けをしてもらえ
その分、料理にもクオリティの高いものを
提供できるようになると思うわけです。

1人でやる場合も使う食材次第では
付加価値をつける事も出来ますが、

やはり自分が信頼のできるパートナーが
いる事で安心感も持てお客様により
良い物を提供出来るのだと思います。

独立開業して店という箱を持つ事になると
大抵1人では難しいです。

従業員を雇おうとしても
その分募集する為の経費も
必要になってきますし、

そうした場合信頼し合える仲の人が居た方が
より話を進めやすくなり
一緒に始められるメリットは大きいと思って
います。

自分のファンを増やす為に

ただ従業員としての方と
パートナーシップを組める方とは
全然考え方も違いますから
そういった方を見つけていくことをしなくては
いけません。

いずれどこかで何かのタイミングで
見つかればと考えてはいますが現時点では
自分一人で活動し、ファンを増やしていけば
必ずついてくるとも思います。

一つ一つの出会いも大切にしたいところです。

これからも最高の料理を提供する為に

そう言ったメリットを
大事にしていきながら
喜んで頂ける事を最優先にしていきたいところ
です。

今現在、パートナー候補となる方が
いてもいなくても
同じクオリティで提供し続けられる様
準備していくことが大事だとも考えております。

そして自身の料理も高めていける
サービスの提供をパートナーとなる方とも共に
喜んでいただける様にして行きたいと
思っております。

PAGE TOP