開発していく為に

いつもありがとうございます。
出張シェフ料理人の田口です。

商品開発に携わっている方々には
脱帽する思いです。

私はその商品を販売
または作って提供する側の立場が多かったですが

商品を考え開発するという事により
多くのお客様を楽しませる事で
生計を立てていくわけです。

自分の考えたものが店頭に並んだり
食べてもらえ、また「美味しい」などの
感想も頂けます。

そこから評価を得られ
改廃したりしてより良いものに変化も出来
売上も上げる事が出来るのです。

開発する為にメニューを考案し
試作を繰り返す事です。

自分の舌で味を確認しながら
納得いくものに出来るまで
失敗を繰り返して完成まで漕ぎ着けていきます。

人生と同じように
失敗の連続で成果を出していくものです。

最初のうちは見よう見真似で
そこから少しづつオリジナルも
出していく訳ですから、

段々と慣れてくる内に方向性や
自分が本当にやろうとしている事が
見えてくるはずです。

ただ、所属している会社での商品開発は
その色を守らないといけませんが、
個人で動く以上は自分の色を出して行かなくて
はなりません。

ですので、
自分独自の色が何なのか知っておく事は
重要だと思います。

過去に今まで携わっってきた際に
自分の事も知る事が出来ていれば
いざ個人で動いていこうとする時にやりやすく
なりますね。

自分のオリジナルを作っても
世の中に受け入れられなければいけないので、
ヒット出来るようなものを出していきたい
ものです。

良く学ぶより真似ぶこととも
教わってきたくらいですから

そこからどんどん自分のものにしていき
自分の色に染めていく事をしていけるように
したいところです。

自分の色を出す事が出来れば
よりたくさんの商品や
料理も生み出していける事だと思います。

世界に一つしかない
自分だけのオンリーワンのものを
作り上げて喜んで頂けるよう に
自分の考えを持つ事が大事だとも思います。

逆に脱帽して貰える様な物も
作っていけたらいいですよね。

ですから、
いつまでも真似ばかりはいけないので

自分にしかないものを
これからも表現しながら喜ばれ続ける料理人で
ありたいと考えております。

PAGE TOP